ADHDかなと思ったら、病院に行こう!パート2 病院の見つけ方・病院では何をする?

病院に行こう

病院に行こう

前回の記事ではADHDの診断を受けるメリットとデメリットについてお伝えしました。

今回はその続きとして知っていただきたい情報をまとめました。

前回の記事を読んで、病院に行ってみようと思っている方に、役立つ情報になっています。

病院の見つけ方

大人がADHDなど発達障害の可能性を考え、医療機関にかかる場合には、精神科や心療内科、あるいは大人もみている小児科にかかる事になります。

大人の発達障害をちゃんと診ることができる医療機関はまだまだ少ないのが現状です。中には「ADHDは大人になったら治るので、あなたは大人のADHDではないです」と言ってしまう医師や「あなたがADHDだと思ったら、ADHDですよ」と検査もせずに診断をしてしまう医師がいると聞いたことがあります。

下に東京で大人の発達障害を診てくれる病院の例をのせました。

これは一例ですので、自分の近隣で探す場合は、発達障害者センターを利用しましょう。近くで大人の発達障害を診てくれる医療機関について情報が見つかるでしょう。

医療機関名 住所 電話番号 備考
司馬クリニック  東京都武蔵野市境2丁目2−3 渡辺ビル 4F  0422-55-8707 ペアレントトレーニングあり・子ども・成人は女性のみ 初診料25000円
ランディック日本橋 東京都中央区日本橋2-16-13 ランディック日本橋ビル2F 03-5255-7588 成人の発達障害に強みあり
メディカルケア虎ノ門 東京都港区虎ノ門1丁目16-16虎ノ門1丁目MGビル3階 03-5510-3898 成人の発達障害外来・リワーク・ピアサポートグループあり
昭和大学付属烏山病院 東京都世田谷区北烏山6丁目11−11 03-3300-5231 発達障害外来・ADHD外来・デイケアあり 初診料10,800円

明神下診療所

 東京都千代田区外神田2-5-12 タカラビル2F 03-5207-6177  発達障害に強みあり・初診は35歳まで
櫻和メンタルクリニック 東京都豊島区巣鴨1-19-12 八木下ビル3F 03-5319-1908 デイケア・リワーク・カウンセリングあり
市橋クリニック 渋谷区富ヶ谷1-13-9フォンテ西原宿ビル4F 03-5454-1849 デイケアあり
 江北メンタル  東京都足立区江北1-33-23
ロイヤルKJ 1階
 03-5838-0797  往診・訪問看護あり
あいクリニック神田   東京都千代田区内神田
3丁目14-8
ニシザワビル5階
 03-6206-4894  リワーク・カウンセリングあり

※あいクリニック神田はカウンセラーの南が働いている病院になります。

病院には何を持っていけばいいか?

160003

【必ず持って行くもの】

・健康保険証

・財布

必ず持っていくものは、当たり前の持ち物ですが、健康保険証と財布です。病院によって初回は別料金がかかる場合があるので、ご注意ください。

【可能であれば持って行くもの】

・母子手帳

・小学校時代の通信簿

・現在の困りごと、小さな頃の困りごとをまとめたメモ

ADHDを含む発達障害の診断には、子どもの時の情報が必要不可欠です可能であれば、母子手帳と小学校時代の通信簿を持って行きましょう。より正確な診断のためには子どもの頃の情報が役立ちます。

診察の時間は限られています。あれもこれも相談しようと思っていても忘れてしまうこともあると思います。現在と子ども時代の困りごとについて、それぞれまとめたメモを持っていくと良いでしょう。メモを見ながら話して良いですし、メモを診察で渡してしまっても良いと思います。

【現在他に通院先がある場合の持って行くもの】

・主治医もしくは産業医からの紹介状

・お薬手帳

現在かかっている通院先がある場合は、紹介状を書いてもらいましょう。紹介状がないと受けてもらえない所や、追加料金がかかる所もあります。

病院では何をする?

b5ce9e13feb240bebdcbecfffe7e0211_s

以下が受診当日の大まかな流れです。

問診票記入のため予約の時間の少し前に行くように指示される所が多いようです。

問診票を記入する

   ↓

医師の診察

   ↓

心理検査を受ける

        ↓(検査を受けてから結果が出るまで、およそ3~5週かかります)

心理検査の結果を踏まえて、診断を受ける

心理検査では、WAISⅢと呼ばれる知能検査、MMPIなどのアンケートの検査、HTPと呼ばれる絵を描く検査などがよく使われます。検査については、特に準備は必要ありません。前知識があると返って結果が偏ってしまいますので、いつもの自分で受ければよいでしょう。特にWAISⅢなどは2時間はかかる検査になりますので、良く寝て体調を整えておくとよいでしょう。

診断に納得いかなかったら?

病院での診断を受ける際に注意すべきことがあります。診断の基準はDSM-Ⅴという共通のものですが、診断する人によって甘く診断する人や厳しく診断する人がいることを知っておきましょう。同じ状態の人でも、A病院ではADHDの診断がおりて、B病院ではADHDの診断がおりないという事も実際にはあり得ます。もしADHDの診断がおりない場合には、どんな状態として説明していて、それが自分にとって納得できるものであるかが重要な点でしょう。

ADHDの診断基準は満たさないが、傾向があるという判断になる事もあると思います。

またはADHDというよりも自閉症スペクトラムの診断が適しているとなる場合もあります。

それぞれの診断に納得がいく場合は、そこから治療が始まりますが、もし納得できないという場合は、セカンドオピニオンを受けるのも一つの手です。

セカンドオピニオンとは、一人の医師の診断に納得がいかない場合に、別の医師に診てもらい別の視点から診断をしてもらうという方法です。

自分の健康について自分が責任を持って、積極的に知るためにセカンドオピニオンを受けようという思いは大切だと思います。ただ、納得のいく診断が出るところを何度も病院を変えてまで探そうとするのは、時間の無駄になると思いますので、気をつけましょう。

診断を受けてからすべきこと:診断はゴールではなく、スタートです。

c815b8c0c38413db6527a67cbca5bd5a_s

診断を受けてからが本当のスタートです。そこから治療が始まっていきます。

診断やテストの結果を元に、自分の傾向がどういうものであるか理解をすることが治療の第一歩でしょう。

特にWAISⅢという知能検査は、得意な認知的な能力と苦手な認知能力が分かります。是非その結果を元にした、対策を教えてもらいましょう。

例えば、耳で聴いた事を覚えて置く力が弱く、目で見たものを理解する力が強いという結果が出た場合を考えてみましょう。その場合は、なるべく指示を出してもらう際には、口頭だけでなく、書いたもので指示を出してもらうように、環境を整えることで、仕事の困りごとが随分となくなると思います。

ADHDと診断された場合は、お薬を使った治療も選択肢に入ってきます。お薬が有効かどうかは、人によって違いますので、医師と十分に話し合って検討します。

薬について良く質問として聞かれるのは「薬をいつまで飲む必要があるのか?」です。これは薬を何のために使うかという事によって変わってきます。ただ漠然と、ADHDの症状を減らしたいという理由だとすると、薬を一生飲むという事になってしまいます。

そうではなく「薬を使って、仕事を計画的に行う習慣を作る」という理由で薬を飲むのでしたら、薬の効果を借りて、計画的に仕事を進めることを習慣化し、その習慣ができた後は薬を減らしていくことができるかもしれません。

このようにただ漠然と薬を飲むのではなく、何のために飲むか?も考えていくことが大切です。

その際に自分ひとりで、考えていく事には限界があります。専門的な知識を持ったカウンセラーが伴走者になって、一緒に考えてもらうで、余計な回り道をせずに済みます。

あなたの伴走者として、あなたが本当に行きたいところへ行く道をサポートをするのがカウンセリングルームすのわの使命です。

病院の受診についての相談や、診断を受けて今後どうしたら良いか、そのような相談もお受けしています。

この記事のまとめ

  • 大人の発達障害をちゃんと診ることができる医療機関はまだまだ少ない
  • ADHDを含む発達障害の診断には、子どもの時の情報が必要不可欠。
  • 現在と子ども時代の困りごとについてメモを持っていくと役立つ。
  • 診断に納得できないという場合は、セカンドオピニオンを受けることもできる。
  • 薬を飲む際には、何のために飲むか?を考えることが大切。
新着記事

『ADHDかなと思ったら、病院に行こう!パート2 病院の見つけ方・病院では何をする?』へのコメント

  1. 名前:斉藤 投稿日:2017/02/28(火) 23:04:35 ID:85cc5555c

    初めまして。
    私はADではないかと悩んでいます。
    1歩外に出れば警察沙汰の喧嘩になります。
    心療内科に通ってはいますが、相談したところ、ADHDの検査をされ大丈夫と言われました。

    幼い頃から男の子との喧嘩は絶えず、大きくなるにつれ殴り合いの喧嘩になりました。
    今は、自分から喧嘩を売ることは無いですが相手から売られることが毎回です。
    ほっとけば良いのは頭では分かっているのですが、どうしても買ってしまいます。

    最近は外に出る事が怖いです…
    どうしたら良いのか分かりません。
    ADHDではないと思うのですが、こんな私でも診てくれるのでしょうか?
    よろしくお願いいたします。

    • 名前:kazuyuki 投稿日:2017/03/04(土) 13:48:30 ID:b952b5e4d

      齋藤さま
      ケンカになりやすいことで悩まれているのですね。
      病院にも通われて、ADHDではないという診断なのですね。
      ADHDでないとしても、困られている事には変わらないかと思います。
      心療内科でカウンセリングを受けることができるなら、相談されると良いでしょう。
      当ルームでももちろん相談にのって、一緒に解決策を考えていくことはできます。
      ご希望出来たら連絡下さい。

  2. 名前:M.H 投稿日:2017/03/11(土) 11:39:04 ID:2153df9a2

    小さい頃から、何をやっても駄目ねと親から言われ.同級生から、のろいと言われ、不注意や、物事を順番や、段取りよくよくすることが苦手です。

    • 名前:kazuyuki 投稿日:2017/04/25(火) 16:53:12 ID:6ce03c256

      M.H様(名前をイニシャルに変えさせて頂きました)
      行動の遅さ、
      不注意、
      物事の計画性・段取りに苦手さ
      どれもADHDの症状に合致するものです。これまで大変苦労していたのだと思われます。
      記事にある通りに、まずは病院で診断をもらい、効果的な対策について考えていくことをお勧めします。
      その際すのわで出来ることがありましたら、ご遠慮なく連絡下さい。

  3. 名前:佐藤 投稿日:2017/04/25(火) 10:37:43 ID:4ecea71c6

    始めまして。30代の男性です。
    結婚して6年、いつも妻に同じことを注意され、困らせてきました。
    忘れ物も多く、重要なことでも嫌なことは最後まで後回しにして妻にストレスをかける日々…。
    それでも本当によく支えてくれているのですが、最近小さいころの通信簿を見つけて確認すると、一年から六年までずーっと「忘れ物が異様に多い」、「注意が散漫」、「人の話をきかない」と書かれ続けていて、それを見て妻が「少しなんかある気がする」と調べたところこのサイトに行きつきました。
    問題は、当方が海外に在住しているという点なのです…。
    日本にも年に一度帰るのですが2~3か月しか滞在せずすぐにトンボ帰りです。
    滞在するのは妻の実家の○○なのですが、こんな形でも診察やカウンセリングは可能なのでしょうか。
    どうにか人生を改善し、妻に安心してほしい…

    • 名前:kazuyuki 投稿日:2017/04/25(火) 16:47:10 ID:6ce03c256

      佐藤様
      奥さんをストレスをかけてしまっている事で悩まれているのですね。
      悩んでいるという事は改善しようとしている証拠なので、素晴らしいことです。
      ただADHDの脳タイプだとすると、改善しようと思っているだけでは同じことの繰り返しになりがちです。
      自身を理解して、特性に合った対策をしていく必要があります。
      海外にお住まいとのことですので、直接お会いすることは難しいですが、スカイプなどオンラインでのカウンセリングを行う事はできます。その場合はクレジットカードでのお支払いになりますので、こちらで手続きをする必要がありますので、少々お待ちいただくことになるかと思います。ご希望の場合はご連絡ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>