2017年10月19日(木) 第73回ADHD交流会「ADHDのためのプロジェクトマネジメント」

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-MOK_ahiruhanashiai-thumb-1000xauto-13611

こんにちは。

カウンセリングルームすのわ 南和行です。

10月19日は特別企画として、講師に 

日本プロジェクトソリューションズ株式会社 | Japan Project Solutions Inc. 
代表取締役社長 
伊藤 大輔 さん 

お呼びして 

「ADHDのためのプロジェクトマネジメント」 

をテーマに講演をしていただきます。 

プロジェクトとは「特定の活動を期限内に達成するための独自の活動」です。 
そのプロジェクトを、立ち上げ、計画し、実行するのが、プロジェクトマネジメントです。 

ADHDの方にとっては、立ち上げることは問題がないけれど、これを計画して期限内に実行することが 
とても苦手としている人がおおいと思います。 

特にADHDの方は段取りが悪いため、アイデアマンではあるのですが、 
目標の達成の前に諦めてしまったり、 
注意がそれてしまい期限内に完了できずに先延ばしや失敗体験を繰り返しがちです。 

今回の特別講座で、プロジェクトマネジメントを学んで、段取りのコツを身につけましょう! 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 

【日時】 
2017年10月19日(木)(19:00〜21:00) 開場18:45 

【場所】 
足立区勤労福祉会館 ぷるみえ綾瀬  第2洋室 (会場への直接の問い合わせはご遠慮下さい) 
(〒120-0005 東京都足立区綾瀬一丁目34番地7-102号 ) 

【参加費】 
3000円 
申込時のメールに支払方法が記載してあります。 10日以内にお支払いください。 

※入金後の返金はできかねますので、ご注意ください。

※今回の講座は日本PMO協会の社会貢献活動の一環として提供して頂きます。 
活動報告として、講演の様子を写真撮影させて頂きます。後ろからの撮影ですので、皆様の 
顔は映ることはありません。写真を撮らせて頂く件を事前にご理解ください。 

日本プロジェクトソリューションズ株式会社のHPよりプロジェクトマネジメントの説明を引用させて頂きます。 
https://www.japan-project-solutions.com/ 

『生産性の向上はダンドリ力で決まる!』 

プロジェクトマネジメントと聞くと、IT分野や大規模インフラ分野のスキルと思われがちですが、 
これは、業種や業態関係なく、多くのビジネスパーソンにとって非常に有用なスキルになります。 
ビジネスでは、常に社会や組織に対して価値を創造し提供することが求められています。 
その価値創造のプロセスでは、「目標設定力」「計画力」「実行力」の3要素が重要なポイントになります。 

プロジェクトマネジメントの科学的手法を学ぶメリット 

1ぼんやりした目標にピントを合わせ、明確にする力が身につく 
2最終目標から逆算したダンドリを組む力が身につく 
3実行力・現実と異なった場合の修正力が身につく

主催: カウンセリングルームすのわ 臨床心理士 南和行 

■お申込み・お問い合わせ こちらのフォームからお願いいたします。

こんな方にお勧めします。

・ADHDの診断を受けていて、他のADHDの人に会ってみたい。
・診断を受けていないが、ADHDのチェックリスト等当てはまっていて、もっと情報が欲しい。
・ADHDの対策を知りたい。
・ADHDの家族・子どもがいて関わり方を知りたい。
・専門家の話を聞いてみたい(臨床心理士として役立つ情報も少しお伝えしたいと思います。)

交流会について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。

ADHD交流会のご案内

過去の交流会のレポートです。

第37回ADHD交流会 報告レポート

第47回ADHD交流会 報告レポート

第48回ADHD交流会 報告レポート

第50回ADHD交流会 報告レポート

第53回ADHD交流会 報告レポート

第57回ADHD交流会 報告レポート

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-MOK_ahiruhanashiai-thumb-1000xauto-13611

新着記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>