年末のご挨拶

おかげさまで、昨日のルーム大掃除をもって、今年の営業を納めることができました。
今年は、北千住ルームの準備&オープンと変動の時でしたが、無事に事業も軌道にのり、充実した学びの機会をいただいています。応援して下さっている皆さま、本当にありがとうございます。
皆さま、どうぞ、ご自身にとって『素』のままで調『和』のあるお年をお迎えください。

最後に、すのわルームのインテリアを紹介します。

ドライフラワーを瓶につめた、『グラスアート』。

P2020315

障害福祉サービス事業をされている『アプローズ』が運営する
フラワーショップ『Bistarai Bistarai』に依頼をして、オーダーメードで製作していただきました。

『アプローズ』は、障がい者の方々が、最低限の賃金で雇われていることへの疑問を発端に、『障がい者スタッフの方々を、適正なお給料で雇い、職業選択の幅をひろげること』を理念に設立された法人です。

ショップは、オンラインのみですが、ハイセンスなデザインと、種類の多さ、製作へのプライドに、とても感動しました。

今回の作品について、ショップの担当の方からのメッセージです。
**************************************
お届けしたグラスアートは、ひとりのスタッフにデザインを任せて製作したものです。
ご依頼内容とカウンセリングルームの写真を見て発想を膨らませてもらい、花材を選ぶところからすべて彼女に任せて製作してもらいました。

彼女は、グラスアートのイメージを膨らませていると、最初に森のイメージが出てきたそうです。そして、「しずかな森に、小さい動物や何かの生き物がいるようなイメージ」で製作してくれたそうです。
**************************************

このような形で、当ルームに向き合っていただき、お力をお貸しくださったことを、とてもありがたく感じています。

すのわが、『立ち返ることができ、心身をやすめられる森』のような居場所になっていけるよう、これからも精進してまいります。

来年も、どうぞよろしくお願いいたします。

南和行

新着記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>