ADHD・トラウマへの心理的支援を開拓していく…公認心理士の登場

 ちょっとマニアックな話題ですが、心理士としては非常にビックなトピックを紹介します。
 
それは、『公認心理士』という心理職の国家資格が初めて誕生したこと。
 
これまで、『心理』という仕事は、福祉・医療・司法・産業・教育、と様々な分野でありつつも、あくまで民間資格(心理カウンセラー、臨床心理士など)でした。雇用形態も、非常勤が多くを占めています。
 
それが、さまざまな経緯の後,平成27年9月9日に公認心理師法が成立し,平成29年9月15日に施行され,「公認心理師」制度が推進されることになりました。
 
これから心理職を目指す方だけでなく、これまで相談業・心理職に携わってきた方々(現任者)が、続々と『公認心理士』として登場していくでしょう。すでに、現任者の方々国家試験の受験資格を得るための講習会も開催されはじめ、そのテキストも販売され始めています。
 
公認心理士現任者講習会テキスト
 
この『公認心理士』が登場していくことで、日本の心理の分野はどうなっていくでしょうか。
私が望むのは、心理的支援のエッセンスが、経済的な力や住んでいる地域にかかわらず、公衆衛生として、幅広い方に届くような社会になっていくことです。
今の社会では、『心理的支援』のニーズを抱いた時、資質のある『心理士』と出会い、適切なカウンセリングやセラピーと結びついていくシステムがまだまだ未熟であると感じています。
 
これからも、発達障害やトラウマについての情報は増えていく一方でしょう。
それによって、不安や悩み、『改善したい』と意欲を持った方が、なるべくスムーズに『心理的支援』につながるように、自分ができる範囲で努力していきたいと思っています。
 
南和行
 
 
新着記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>