2018年5月20日午前:第85回 ADHD当事者会&家族・パートナーの会

交流会ロゴ

今回は通常の交流会(当事者会)と家族・パートナーの会を同時開催します。 

当事者と家族で別々の部屋で話し合いをして、最後には同じ部屋で意見をシェアする時間もとりたいと思います。

家族・パートナーの会は、『はじめて分かり合える場に出会えた』と毎回ご好評をいただいています。

当事者の方も、家族・パートナーの方もお待ちしております。

【日時】
5月20日(日) 10時00分~12時30分(開場は9:45) 

【会場】
足立区勤労福祉会館 ぷるみえ綾瀬  工芸室
(直接会場への問い合わせはお控えください)

〒120-0005
東京都足立区綾瀬一丁目34番地7-102号

東京メトロ千代田線
綾瀬駅西口 より 徒歩3分

【参加費】
2000円
(ご家族等で参加される方は、2人目以降500円となります。)

主催: カウンセリングルームすのわ 臨床心理士 南和行 南ひとみ

■お申込み・お問い合わせ こちらのフォームからお願いいたします。

こんな方にお勧めします。

・ADHDの診断を受けていて、他のADHDの人に会ってみたい。
・診断を受けていないが、ADHDのチェックリスト等当てはまっていて、もっと情報が欲しい。
・ADHDの対策を知りたい。
・ADHDの家族・子どもがいて関わり方を知りたい。
・専門家の話を聞いてみたい(臨床心理士として役立つ情報も少しお伝えしたいと思います。)

交流会について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。

ADHD交流会のご案内

これまでの当事者&家族の会の模様です→ 

【実施レポート】第80回ADHD交流会 家族パートナー合同 2018/1/28

【参加者のご感想】第80回ADHD交流会 当事者&家族の会 2018/1/28

第71回当事者&家族の会実施レポート

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-MOK_ahiruhanashiai-thumb-1000xauto-13611

新着記事

『2018年5月20日午前:第85回 ADHD当事者会&家族・パートナーの会』へのコメント

  1. 名前:さとう 投稿日:2018/04/23(月) 20:16:45 ID:bb7e30693

    関係ない質問をして申し訳ありません…

    中2になる弟がADHDっぽい傾向があり悩んでいます。部屋が片付けられない、バックの中はぐちゃぐちゃ、やることを先延ばしにしてしまい提出物は全然出せない、といった典型的なタイプです。いっつもいっつも親が怒っては一時的に治って、でも忘れたころにまたダメになって親が再び怒る。そんなことの繰り返しを何年もずっと続けてきました。しかし、ここにきて親も自分もしびれを切らして「お前はADHDなんだよ」と怒鳴ってしまいました。

    かくいう自分もADHD気味でした。小学生のころから悩んでいましたが、見て見ぬふりを続けていました。しかし、高校生になりバイトをはじめたのがきっかけで「なんとかしなければ」と思うようになりました。そこでこのサイトに出会い克服してみようと頑張って、なんとか仕事に支障が出ないくらいに落ち着いて取り組めるようになりました。本当に助かってます。有益な情報をたくさん、ありがとうございます!!

    ここで問題なのですが…私には「なんとかしたい」という原動力があったからこそ努力ができました。一方、私の弟は、どんなに家族が怒っても、自分のADHDの特徴に対して何にも焦りを覚えていないのです。全く直そうとする意思が見られないのです。それとも心では本当は悩んでいるのだろうか…

    私は、ここのカウンセリングを受けさせてみることを親に提案しました。しかし親は「本人に直そうとする気持ちがないなら、受けたって結局お金の無駄になる」という考えのようです。本気で治したいと気持ちが芽生えるのを待つしかない、ということでした。たしかに、それも一理あるような気もします。しますが、今のうちに向き合っておかないと手遅れになってしまうような気がして、兄である私が逆に焦ってしまっています。

    長文になってしまい申し訳ありません…とにかく聞きたいのは、本人の気持ちが出来上がってない状態でカウンセリングを受けさせるのは、やめたほうがいいのでしょうか。やはり本人の気持ちが芽生えるのをゆっくり待つべきなのでしょうか。出来ればでいいんで、お答えいただけるとうれしいです!

    • 名前:kazuyuki 投稿日:2018/04/27(金) 10:07:40 ID:778f5f940

      さとう 様
      コメントありがとうございます。とても分かりやすく読みやすい文章で、今抱えておられる現状がドラマを見るように分かりました。
      当サイトもご愛読いただいいていたのも嬉しく思っております。読まれたことを実践するのはご自身の力です!素晴らしいですね。

      さて、弟さんに関するお悩みですが、お兄様として、将来を案じ、焦ってしまっておられるご様子、拝察しました。
      しかし、ご両親がおっしゃるように、ご本人のモチベーションが高まった時が、一番ベストなタイミングかと思います。
      もしかしたら、お兄様と同じように、今後、バイトや、進学、友達、彼女、など来るべくライフイベントがきっかけとなって『なんとかしなければ』と思う瞬間があるかもしれません。その時、ご本人のパワーが最大限に発揮されます。
      いま提案できることとしましては、当カウンセリングルームが実施している『ADHD家族&パートナーの会』にご一緒にご参加いただく、ということはあるかもしれません。当事者意識がなくても、ご家族として参加するのであればハードルは低いかもしれません。

      まずは、お兄様が、日頃からされている工夫やアイデア、改善されていっているご様子を、さりげなくご本人に見せていってあげてください。
      その姿が、一番のモデルとなると思いますよ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>