2018年10月7日 第89回 ADHD交流会 『ADHD脳を、より深く理解する ~ADHDブレインスタイル・ダイバーシティモデルを活用して~」

交流会ロゴ
この度、特別企画としまして、ADHDリソースセンターのリーベル・りなこさんをお招きして、
 
『ADHD脳を、より深く理解する ~ADHDブレインスタイル・ダイバーシティモデルを活用して~
 
というテーマでワークショップを開催してもらうことになりました
 
このADHDブレインスタイル・ダイバーシティモデルという考え方は、まだ日本ではあまり紹介されていませが、ADHD先進国のアメリカで長年ADHDのカウンセリングと研究を重ねてきたリン・ワイス博士によって提唱されている考え方です。リン・ワイス博士の著書は日本語にも何冊か翻訳さています。
 
「片づけられない人のための仕事の本 」 リン ワイス  http://amzn.asia/d/dX4ZGPx
ブレインスタイル・ダイバーシティ理論の著書
Embracing A.D.D.: A Healing Perspective」 (http://amzn.asia/d/5hjSrfB)
※残念ながらこの著書はまだ翻訳されていません。
 
この理論を学ぶことで、当事者の方は「自分自身の専門家」として、自分の特性を深く理解して、より自分らしく生きていくことが出来ます。また家族や周りの方は、当事者の方の特性について深く理解できることで、どのような関わりが役立つのか、どのような関わりは役立たないのかを分かるようになります。
 
リーベル・りなこさんが創設された『ADHDサポートコンシェルジュ民間資格制度』についてもお話頂きます。
 
ADHDの脳タイプについて、より深く理解したいという、当事者の方、家族・パートナー・支援者の方の参加をお待ちしております。
【日時】 
2018年 10月7日 (日) 10時00分~12時00分 開場9:45  
【会場】 
足立区勤労福祉会館 ぷるみえ綾瀬 第3洋室
(直接会場への問い合わせはお控えください) 
〒120-0005 東京都足立区綾瀬一丁目34番地7-102号 
東京メトロ千代田線 綾瀬駅西口 より 徒歩3分 

【参加費】 
 3,000円 (申込みから1週以内に申込み完了メールに記載の口座にお振込み下さい)
入金後の返金はできませんでのご注意ください。

【持ち物】筆記用具、自己紹介時に使用するアイテム(可能な限りで結構です。お気に入りの物など、ご自身を紹介・表現される際に使用するアイテム)

以下、講師のリーベル・りなこさんからのメッセージです。
————————————————————-
こんにちは!講師のリーベル・りなこです。

私自身ADDタイプのブレインスタイルです。
これまで得た経験や有効なノウハウをADHDの課題で悩む当事者の方・周囲の人々にお伝えしたいという想いから、一般社団法人ADHDリソースセンターを立ち上げADHDに係る啓発事業を行っています。又、昨年には、アメリカのADD研究のパイオニア、リン・ワイス博士とジョン・ルーベル博士ご協力のもと、新たな支援手法「ADHDブレインスタイル・ダイバーシティモデル」を活用した、ADHD支援者向けの資格 『ADHDサポートコンシェルジュ民間資格制度』 を創設、初級コースを開講いたしました。支援者のみならず当事者ご自身も、皆さまに「ADHDブレインスタイル・ダイバーシティモデル」はご活用いただけます。このモデルを用いてADHDの課題をブレインスタイル多様性の観点(様々な考え方や特性などの相違点・共通点)から捉えることで、解決に向けた建設的なアイデアを出し合うことができるようになります。本講座では、そのようなADHDの課題解決と能力を発揮するためのカギとなる、新たな視点を学んでいただきます。

今回の講座では、『ADHDサポートコンシェルジュ資格認定講座』 のご説明の他、実際に講座内で行うワークを体験して頂く予定です。ADHDサポートコンシェルジュ資格認定講座に少しでもご興味がございましたら、この機会に是非ご参加ください。皆さまのお越しをお待ちしています!

ADHDリソースセンター

http://adhd-resource.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

申込みはこちらのリンクからお願いします。

https://www.kokuchpro.com/event/2b7c0d46ab841f0ff12bf60f0c527248/entry/

主催: カウンセリングルームすのわ 臨床心理士 南和行 

こんな方にお勧めします。

・ADHDの診断を受けていて、他のADHDの人に会ってみたい。
・診断を受けていないが、ADHDのチェックリスト等当てはまっていて、もっと情報が欲しい。
・ADHDの対策を知りたい。
・ADHDの家族・子どもがいて関わり方を知りたい。
・専門家の話を聞いてみたい(臨床心理士として役立つ情報も少しお伝えしたいと思います。)

交流会について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。

ADHD交流会のご案内

過去の交流会のレポートです。

第85回ADHD交流会 当事者&家族 合同会

第84回ADHD交流会 実施レポート

第57回ADHD交流会 報告レポート

第58・59回ADHD交流会 報告レポート

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-MOK_ahiruhanashiai-thumb-1000xauto-13611

新着記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>