ADHD当事者のパートナー・家族の本音 パート2

こんにちは 

カウンセリングルームすのわ・臨床心理士の南です。

今回の記事では、前回の記事に引き続きADHDの当事者のパートナーが抱えがちな本音と、ADHD当事者との関係を良く保つためのコツをお伝えします。

この記事を読んで欲しい人はこんな人

・パートナーや家族との関係を良くしたいADHDの当事者の方

・ADHD当事者の方とより良い関係を築けるようなりたいパートナー・家族の方

特にADHD当事者の方との関わりに苦労してしまっているパートナーの方に読んでもらいたい内容になっています。

cbf9ebaa3a9aab6b45ea17b2b4831fbf_s

パートナーの本音:何で自分ばっかり?これって不平等!

相手が少しでも生活がしやすく、ミスが少なくなるようにアレコレと考えて工夫をしている。相手が困っていれば、一緒に考えたり、励ましたり。時には、自分のしたいことや気持ちを抑えて、相手に合わせることも。

 そんな日々のなかで、あるひと時、あなたの中にムクムクと湧き上がってくる『なんで自分ばっかり?不平等だ!』という気持ち。この気持ちと、『サポートしてあげたい』という気持ちが同時にあなたのなかに存在することで、とても苦しい『葛藤状態』になることも、実はよくあることなのです。

相手に求める見返りが、不満につながる

『ギブ&テイク』『win-win(ウィンウィン)』『もちつ、もたれつ』『支え合い』‥・。色々な言い方はありますが、結局は、誰でも『自分が相手にしたことの見返り』を求めてしまうからでしょう。

実際に、ADHD家族会のなかでも『感謝してもらってる感じがしない』『ありがとう、がない』という声をお聞きします。『相手からの見返りを求める』それ自体は悪いことではなく、当然のことですが、『自分がこれだけやっているのだから、その分の見返りがほしい』という思いが満たされないと、だんだんと不満がたまり、『自分ばかりが損をしているよう』という気持ちに発展してしまうのです。

ここからは、不満がたまりがちなパートナーのあなたが、ADHD当事者との関係を良く保つためのコツをお伝えしていきます。

f5051314c93d7f06fd48666525a03fce_s

「自分のダメなところ」をあえて探してみる

実はあなたの方がイライラしやすかったり、落ち込みやすかったりする一面もあるかもしれません。ふと振り返れば、パートナーが自分のグチを聞いてくれたり、気分転換に外に連れ出してくれたり。自分がサポートしてもらっていることも必ずあるはずです(量を比較したら同じではないとしても)。

そして『あ、自分だって、相手にしてもらってる、お互い様だ』と一瞬でも思えたら、あなたの不満も少し減りますね。

「自分のためにしてる」という側面に意識を向ける

誰でも陥りやすいワナですが、誰かを助けたり支えたりすることは『100%相手のため』と思いがちです。しかしこの思いについては、もうちょっと見つめてみる必要があります。『100%相手のため』と思って行動することが、実は『自分のため』になる面もあるからです。誰にとっても、相手の役に立つことは『自分が存在する意味を感じられる、寂しさが満たされる』という側面をもちます。『自分のためでもあるんだ』、この自覚をもつことで、『自分ばかりが損をしている』という不満を、ちょっと考え直せます。

グループに参加する

同じ立場で、同じ気持ちを抱いている人たちと話をすることは、いくつかの意味があります。ひとつは、『こういう気持ちになるのは自分だけじゃないんだ』という実感を得られること。もうひとつは、自分だけでは思いつかなかった考え方や対策を学べることです。

誰にも話さず『自分が自分に相談する』状態が続くと、とても息詰まり苦しくなってしまいます。自分の中に新しい風を通すようなイメージで、少し勇気はいりまずが、グループに参加することを提案します。

カウンセリングルームすのわでも、年に何回かパートナー・家族の会を開催しています。

まとめ ADHD当事者のパートナーの“本音”パート2

パートナーの本音:『自分ばかりが相手をサポート。これって不平等?』

①自分のダメなところ、あえて探してみる

②『自分のため』という側面に意識を向ける

③グループに参加してみる

誰かを支えるためには、自分自身が支えられることが必要です。ご自身だけでは、にっちもさっちもいかなくなったとき、思いつめてしまう前に、ぜひ『カウンセリングルームすのわ』にご相談ください。

新着記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>