ADHDは「受け入れること」と「克服すること」のバランスが大切です その1

astrology-1299238_1280

こんにちは!

カウンセリングルームすのわ・臨床心理士の南です。

今回の記事では、ADHD当事者が

『自分の苦手』について、『ADHDの脳の特性として受け入れること』と『克服するために頑張る』ことのバランスをとることの大切さ

についてお伝えします。

これまでの記事でADHDの症状と改善策を紹介してきました。

『ADHDの正しい対策は?何もしないと別の問題に繋がります!』

『ADHDの多動性・衝動性とは?欠点を強みに変えるコツ教えます!』

ADHDの当事者の方の中には、自分自身の特性(症状)を学ぶことや、改善策に取り組んできた人も多いと思います。

それなのに、『あれ?なんか周りとうまく分かり合えないな』と感じることや、『こんなに頑張っているのに、効果も感じられないし、疲れた…』と思ってしまうことはありませんか?

今回の記事ではそんな時のための役立つヒントをお伝えしていきます。

astrology-1299238_1280

この記事を読んで欲しい人はこんな人

・家族や職場の人から『努力がみられない』と非難されがちなADHDの当事者の方

・『苦手を克服しようと頑張って疲れた』、『なかなか効果がでない』というADHD当事者の方

『受容と改善のバランス』という視点

これを読んでいるあなたは、仕事や日常生活のなかで、『自分の苦手なこと』に直面し、『何かしらの対処』をしたものの、『どこか、しっくりきていない』感じがあるのではないでしょうか?

冒頭でもお伝えしたように、家族や職場の人から『努力がみられない』と非難されてしまったり、『苦手を克服しようと頑張って疲れた』、『なかなか効果がでない』と悩んでしまったり。

そんなときに、自分の中で見つめてほしい点が、自分の苦手なこと』に対してADHDを脳の特性として理解して受け入れること、つまり『受容』と、改善・克服するために頑張ること、つまり『改善』のバランスです。

受容とはADHDという脳の特性を理解し納得すること

 ここで言う“受容”とは、『ADHDの特性は、自分の脳の特徴からきているものだと納得すること』を意味しています。『ADHDの特性を消そうとする・変えようとする』とは反対のベクトルというイメージです。

 具体的な“受容”のイメージは、『自分の特性に合う職場を選ぶ(合わない職場から離れる)』『得意なことをする(苦手なことはしない)』といったことです。

 たとえば、ラーメン屋さんのアルバイトをしているKさん(23歳)の場合。

ホールスタッフとしてレジをしますが、“打ち間違え”や“お釣りの数え間違い”といったミスが続発してしまいます。上司から毎回怒られますが、『自分は事務作業が苦手だというADHDの特性をもっているから…』と心の中で納得し、上司には『自分はレジが苦手だから配膳だけやらせてくれ』と主張し、ミスへの対策は考えてきませんでした。その結果、店長からは『怒られているのに、開き直って直そうとしていない!』と更に叱責されてしまいます。

 このKさんの場合、レジ作業のミス(自分の苦手なこと)について、『ADHDの特性のひとつ。これは自分の脳の特徴からきているんだ』と納得し、”受容”しているようです。

ここでの受容によるメリットは、Kさんが、『自分が劣っているから怒られるんだ、自分が悪いんだ』と必要以上に自分を追い詰めないで済むことです。

 “受容”には、こうしたメリットがある一方で、“受容”に偏りすぎることで、周りの人からみると『何も努力していない』という誤解が生じてしまうというデメリットがあります。

改善とはADHDの特性をなくそうと努力すること

 では、“改善”とはどういうことでしょうか。ここで言う“改善”とは、『ADHDの特性を、なんとか消そう、変えよう』と努力することを意味します。先ほどの“受容”とは、『ADHDの特性を自分のものとして納得しきれていない』という点で違いがあります。

 具体的な“改善”のイメージは、『自己啓発やハウツーの本をたくさん買って読む』『服薬や、カウンセリングに通う』といったことです。

たとえば、パートナーと暮らすMさん(19歳)の場合。

自分の部屋がありますが、大事なものと捨ててもいいものが混ざって床に散らばり、机の上も書類の山。パートナーの物が混じっている場合もあるので、たびたび『部屋を片付けて』と言われます。

Mさんは、『苦手な片づけを克服しなければ』と思い、“片づけのコツ”などの本をたくさん買って読み、自分の力で対処しようと試みます。しかし、『完璧にキレイにしたいのに、できない』と途中で挫折してしまうことや、キレイになっても疲れ切って続かないことが多くあります。

 このMさんの場合、片づけ(苦手なこと)について、『ADHDの特性とは知っているが、それでも何とか自力で克服したい』と“改善”しているようです。

これによるメリットは、『自分で自分の苦手なことをコントロールできる』という自信が保てるということがあるでしょう。

 しかし、“改善”とは、ある意味『キリがない』部分があるため(ハウツー本は限りなく出るし、ADHDの脳の特性があるため改善にも限界がある)、“改善”に偏りすぎると、『自分自身が疲れてしまう』という大きなデメリットがあります。

次回の記事では受容と改善のバランスをとることについてお伝えします。

ADHDは「受け入れること」と「克服すること」のバランスが大切です その2

新着記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>